初めてのクレジットカードの選び方

初めての人へ向けてクレジットカードを紹介しているブログ。

なぜ高校生はクレジットカードを作れないの?デビットカードなら作れる!

大人の大半はクレジットカードを持っています。
後払いで買い物ができるシステムで、簡単に支払いを済ませることができて、現金いらずでとても便利です。
高校生もクレジットカードをほしいと思いますよね?
カード発行は、18歳以上であることが基本です。
それでは、高校3年生で18歳になる人はカードを発行できるのでしょうか?
答えは、できません。
どこのカード会社も18歳以上であっても「高校生不可」という旨を規約に記載しています。
ではクレジットカードを持ちたい高校生はどうすればいいのでしょうか?

なぜ高校生だと発行できないのか?

高校生は、支払い能力が低いと考えられているからです。
そもそもクレジットカード発行には、本人がカード会社から、信用を得る必要があります。
一部を除いてほとんどの高校生には安定した収入がありません。
アルバイトをしていても、それが安定した収入だと認められないので、カード会社の信用を得ることはできません。

高校を卒業したら作れる?

もちろん高校を卒業していればカード発行は可能です。しかし、前述のとおりカード発行には安定した収入が必要ですので、高校卒業後就職したり定職を持つ必要があります。大学生や専門学生の場合は、職業ではないので発行できるカードは学生限定カードのように限られています。学生限定カードは、サービスや学生優待が豊富で、年会費無料のカードも多いので新規発行をすることを強くオススメします。

デビットカードなら高校生でも作れる

デビットカードは、現在VISA、JCBで発行されていて、ここ10年くらいで登場して今大人気のカードです。
高校生でもデビットカードなら作ることができます。デビットカードは、15~16歳から作れるものが多いです。中には、15歳以上であれば中学生からでも発行可能なデビットカードもあります。

自分の普通預金から買い物ができるカードです。
クレジットカードのように後払いではなく、デビットカードで買い物をした瞬間に口座から引き落とされるシステムです。
キャッシング機能がないので、買い物をしすぎてしまうという心配がありません。高校生でも安心して持つことができます。
また、クレジットカードが必要なオンラインサービスの支払いもデビットカードで対応することができます。
クレジットカードのように使うことができるので、クレジットカードを持つ前の練習にもなります。