初めてのクレジットカードの選び方

初めての人へ向けてクレジットカードを紹介しているブログ。

クレジットカードの有効期限って何?期限切れのカードは使えない?

クレジットカードには必ず有効期限が設定されいます。もちろん、有効期限切れのカードは使えなくなります。
それでは、有効期限がせまってきたらどうすればいいのでしょうか?
今回の記事ではクレジットカードの有効期限について詳しくお伝えしていきます。

なぜ有効期限があるのか?

カードの老朽化防止

1つはカードの老朽化を防ぐためです。クレジットカードは、基本的にプラスチックでできているので、長期間使用しているとカードの磁気部分やICチップの部分が傷んでしまいます。傷んだ影響からカードを正常に使えなくなってしまうことがあります。そのため、定期的に新しいカードに交換することで、カードの老朽化を防いでいます。

途上与信

途上与信とは、クレジットカード発行後カードに対するの定期的に行われるに審査のことです。カード更新時には、必ず行われています。
クレジットカード会社が利用者へ行う与信管理の一環で、カードを発行してから「個人信用情報機関」へ照会を行い、事故情報等がないか?利用状況に問題がないか?を確認しています。この途上与信の時にカードの滞納などがあると利用停止になる場合もあります。

防犯対策

もう一つの理由は、防犯対策です。最近では、クレジットカード利用者の増加にともなってカードの不正利用などの犯罪が増えています。さらに、カードの不正利用の手口は年々巧妙化されています。クレジットカード犯罪の最新の手口から被害に遭わないためには、セキュリティも最新のものにする必要があります。カードを定期的に新しくすることによって、自動的に最新の防犯対策が備わったカードにアップデートされます。

クレジットカードの有効期限はどこに書いてある?

有効期限は、カード券面の表に数字で書いてあります。「04/22」のように4つの数字の真ん中にスラッシュを挟んで表記されています。
読み方は、
「04/22」…2022年4月まで
「11/24」…2024年11月まで
のように、スラッシュの右側が西暦の下二桁で、左側が月です。

カードの更新はどうやるの?

新しいカードの申請や手続きは一切不要です。
カード会社から有効期限前に新しいカードが送られてくるのが一般的です。だいたい1か月前くらいに新しいカードが家に届きます。基本的に新しいカードの発行手数料は無料ですのでご安心ください。(一部のETC機能搭載カードだと約1000円程手数料がかかる場合があります。)

新しいカードが届いたらやること

裏面に署名する

カードにサインをしましょう。サインをしていないとトラブルが起きたときに使用者責任が問われてしまいます。
また、サインがないクレジットカードは支払いを拒まれてしまったり、補償の対象外になる可能性もあります。
自分のステータスと信用性を示すためにサインは絶対必要です。カードが届いたら忘れないうちに自分の名前を書いておきましょう。

期限切れのカードは捨てる

期限切れになったカードは、持っていても特に意味がないので捨てましょう。
カードには、利用者の個人情報がたくさん詰まっているので、不正利用をされてしまう恐れがあります。有効期限切れのカードを狙った犯罪もあるのでクレジットカードの処分には十分に注意しましょう。
カードを捨てるときはそのまま捨てるのではなく、シュレッダーやハサミで細かく切ってから捨てましょう。
ハサミで切る場合は、数字も読めなくなるくらいにしっかり切り刻んでおきましょう。
また、磁気部分やICチップの部分も切り刻んで、個人情報を破壊しておきましょう。

なぜ高校生はクレジットカードを作れないの?デビットカードなら作れる!

大人の大半はクレジットカードを持っています。
後払いで買い物ができるシステムで、簡単に支払いを済ませることができて、現金いらずでとても便利です。
高校生もクレジットカードをほしいと思いますよね?
カード発行は、18歳以上であることが基本です。
それでは、高校3年生で18歳になる人はカードを発行できるのでしょうか?
答えは、できません。
どこのカード会社も18歳以上であっても「高校生不可」という旨を規約に記載しています。
ではクレジットカードを持ちたい高校生はどうすればいいのでしょうか?

なぜ高校生だと発行できないのか?

高校生は、支払い能力が低いと考えられているからです。
そもそもクレジットカード発行には、本人がカード会社から、信用を得る必要があります。
一部を除いてほとんどの高校生には安定した収入がありません。
アルバイトをしていても、それが安定した収入だと認められないので、カード会社の信用を得ることはできません。

高校を卒業したら作れる?

もちろん高校を卒業していればカード発行は可能です。しかし、前述のとおりカード発行には安定した収入が必要ですので、高校卒業後就職したり定職を持つ必要があります。大学生や専門学生の場合は、職業ではないので発行できるカードは学生限定カードのように限られています。学生限定カードは、サービスや学生優待が豊富で、年会費無料のカードも多いので新規発行をすることを強くオススメします。

デビットカードなら高校生でも作れる

デビットカードは、現在VISA、JCBで発行されていて、ここ10年くらいで登場して今大人気のカードです。
高校生でもデビットカードなら作ることができます。デビットカードは、15~16歳から作れるものが多いです。中には、15歳以上であれば中学生からでも発行可能なデビットカードもあります。

自分の普通預金から買い物ができるカードです。
クレジットカードのように後払いではなく、デビットカードで買い物をした瞬間に口座から引き落とされるシステムです。
キャッシング機能がないので、買い物をしすぎてしまうという心配がありません。高校生でも安心して持つことができます。
また、クレジットカードが必要なオンラインサービスの支払いもデビットカードで対応することができます。
クレジットカードのように使うことができるので、クレジットカードを持つ前の練習にもなります。

学生がクレジットカードを持つ5つのメリット!

最近では、多くの学生さんがクレジットカードを持ってるようですが、まだ持っていないという学生さんもいるみたいです。
クレジットカードはまだ持たなくても大丈夫だと思っているのでしょう。たしかにカードは社会人が持つイメージがあります。
しかし、学生のうちからカードを持っておくと非常にお得で便利です。今では、学生限定クレジットカードもあります。

今回は、学生さんがクレジットカードを持つと得られるメリットを5つ紹介していきます。

1.学生優遇サービスがある

実は、クレジットカード会社にとって「学生」というのはとても重要な「顧客ターゲット」です。
なぜなら、学生に自社のクレジットカードを気に入ってもらえれば、その後数年間、数十年間使い続けてくれる優良顧客になる可能性が高いからです。
ですので、学生限定クレジットカードには、学生のみに優遇されるサービスがたくさんあります。年会費が無料であったり、ポイントやマイルが貯まりやすくなっていたり、旅行保険が付帯されていたりなど、その他にも大人がうらやむサービスが満載です。

2.緊急時の出費に

高校を卒業して学生になると、出費が一気に増えます。交通費や、食費、交際費など、高校時代とは比べ物にならない程お金を使う場面が多くなります。
現金のみで生活をしていると、もし居酒屋で飲みすぎて支払いが足りなくなってしまったり、タクシーで支払いが足りなくなってしまったら最悪です。その場合、お店やタクシーにバッグやケータイなどを担保代わりに置いて、お金をATMや自宅まで取りに行かなくてはなりません。これはめっちゃ恥ずかしいですよね。しかし、クレジットカードがあれば、カード会社への後払いで支払いを済ませることができるので、このような緊急事態にも対応することができます。また、キャッシングという一定額までお金を借りられる機能もあるので、そこそこ高額な請求にも対応できます。学生さんは、いつ緊急事態になるか分からないので、クレジットカードは絶対必要です。

3.オンライン支払いに使える

インターネット時代の現在では、スマホが生活の中心だという学生さんも多いのではないでしょうか?
今やオンラインサービスを中心にクレジットカード払いでしか利用できないサービスが増えてきています。
Amazon楽天などのネットショッピングでもクレジットカードが必要です。
1枚クレジットカードを持っておけば、それらオンライン支払いの全てに対応することができます。

4.海外旅行や留学に便利

学生時代に留学や海外旅行に行く大学生も少なくないですが、海外でクレジットカードは必須です。ホテルにチェックインするときはもちろん、レンタカーを借りるときなど様々な場面でカードの提示を求められます。ホテルが見ず知らずの外国人旅行者を信用してくれるはずがありません。クレジットカードを信用して宿泊を許可したり、サービスを提供してくれるのです。だからクレジットカードが必要になるのです。また、旅行保険が付帯しているクレジットカードもあるので、安心して海外旅行、留学を楽しむことができます。

5.早くから信用実績を積み重ねておくべき

学生の時からクレジットカードを持っていれば、カードの利用実績を早くから積むことができるので、クレジットカード会社からの信用を多く得ることができます。信用が上がればカードのランクも上がることがあります。ですので、学生時代からカードを持っていれば新卒の社会人になった時点でゴールドカードやプラチナカードなどのランクが高いカードを手にすることもできます。新卒でゴールドカードを持っている人は、なかなかいないので、周りに差をつけることができるのです。